私に似たあなたへ

毎週土曜日の19時に更新します。

純文学とは何なのか

前回の記事を投稿してから


夏目漱石の「こころ」「草枕」「坊ちゃん」
芥川龍之介の「羅生門」「藪の中」「蜘蛛の糸
太宰治の「人間失格」「斜陽」「走れメロス
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜
梶井 基次 の「檸檬」の他、


芥川賞受賞作家の作品をいくつか読みました。

 

芥川賞受賞作家と書いたのは
現代の芥川賞の作品のほとんどは
AmazonUnlimitedで読めなかったからです。

 

https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/769112/
こちらで受賞作家のAmazonUnlimitedに

該当する作品を調べました。


興味があったらあなたも

読んでみてもいいかもしれません。


これらの純文学の作家と言われる方の作品を読んで
何となく文章がきれいと言いますか
芸術性があるといいますか

 

これが純文学なのか?レベルですが
何となく理解することができた気がします。

 

何となくと表現したように
どうにも純文学をよく理解することができていません。

 

文章がきれいで芸術性があって
何を伝えたいのかわかりづらかったら
純文学ってことでいいのでしょうか。

 

よくは理解できませんでしたが
一通り読むことができたので満足できました。
これからも時々読んでみようと思います。

 

今まで読まなかった

ジャンルの本を読むことで

新たな視点が生まれるかもしれません。

 

あなたも

よろしければ読んでみましょう。(布教)

 

・・・・


そうでした。


上記で挙げた作品の中で
突っ込みたい心を擽られる作品が2つありました。
最後の部分で語らせてください。


走れメロス

王様に喧嘩をうって返り討ちにあい
無許可で唯一無二の親友を人質にして
王様から3日間の結構な猶予を与えられる

 

2日の昼まで村でグダグダとして
ようやく出発したと思ったら


40キロ走るだけ!と余裕こいて
少し休憩のつもりで寝過ごして
トラブルに襲われたら泣いて

 

王様の元についたと思ったら
全裸になっていて

 

韋駄天だの
友達思いだの
讃えられて


王様の余裕で

誰も処刑されないハッピーエンド。

 

「友情」「信じる心」「諦めない心」

をこれで学ぶんだぞと
学校で教えられた気がするのですが


こんな内容でしたっけ?


檸檬

憂鬱な時にレモンを買い
異国情緒を感じてウキウキになって

 

散歩中に嫌いだった本屋の前を通り

何となく入ってみるが

やっぱり嫌いなことには変わりなかった。

 

思い付きで

レモンを爆弾にみかけて


散らかした画集の上にレモンを置いて
これがもし爆弾だったら・・・とウキウキした。

 

という解釈であっているなら

 

画集を元に戻さずに積み上げて
その積み上げた画集の上にレモンを置くのは


迷惑で意味不明なことしていると感じます。

 

・・・・

 

最後まで見てくださり、ありがとうございます。

よろしければ右のブログランキングバナーをクリックして応援してください。